HOME

新着情報

自分の分身だから、名刺のデザインは拘る

現在、ある業者に、名刺のデザインを頼んでいる。そこの業者は格安でオリジナルデザイン料込みで注文を受けてくれる代わりに、顧客のブログサイトに、そこの会社の記事を書いてトラックバックして欲しいというもの。でも、100枚で1260円だったので、トラックバック機能とかもしたこともなかったが調べて、なんとか頑張って出来た。さて、納得できるまで、何度でもデザイン校正しますと宣伝していた通り、返信が一週間ほど空いて来るものの、指定した通りの画像と雰囲気で、デザインサンプルを作ってくれた。もちろん、名刺は、最低限、名刺を渡す側の情報が相手に伝わればいいものである。また企業イメージが既に相手に伝わっていれば、そういう素っ気ない名刺でも十分であるが、自営業やフリーで活動する人にとっては、たかが紙切れ一枚でも、やはり、自分の分身として、まず相手に認識されるようにも思う。特に、たくさん名刺を交換するとき、似たようなデザインばかりだと、既に印象には残らないだろう。私らしい名刺であれば、あとから名刺を見返してもらった時にでも、ちゃんと思い出してもらえやすいのではないか、と。もちろん、技術や中身が勝負という意見をお持ちの方もおられると思うが、まずは、知って覚えてもらわないと話にならない。第一印象は、、やはり大切であると思う。